お薦め

ミネラルウォーターの種類とその特長

みなさんがお水を飲む時には、どういうお水を飲んでいますか?
お水が美味しい地域に住んでいる人なら、水道の蛇口をひねるだけで美味しいお水を飲むことができますね。
ところが水道水のお水を飲料水として飲めない場合もあります。
このような場合には、水(ミネラルウォーター)を買って飲むことになります。

ミネラルウォーターにも種類があります。
一番よく知られているのは、軟水と硬水の違いでしょう。
日本で販売されているミネラルウォーターの大半は軟水です。
海外のミネラルウォーターもありますが、ヨーロッパなどは硬水がポピュラーとなっています。
軟水と硬水という文字が表すように、飲み比べてみると両者の違いもすぐにわかります。

日本でも馴染み深い軟水は、口当たりも柔らかくほとんどクセがないので飲料水としても、料理などに使ってもおいしいお水です。
硬水はミネラルの濃度が高いので、少し尖った感じがします。
ヨーロッパ地方で好まれている硬水は、ミネラルが豊富なので美容や健康維持でミネラル補給をしたい人に好まれています。
スポーツで汗をかいた後には、カラダの中のミネラルも不足しますのでスポーツ選手はミネラル補給のために硬水を選ぶ人も多いようですね。
ほかには天然の状態で炭酸が含まれている、発泡水などもあります。
日本で馴染み深いものとして、硬水/コントレックス、軟水/サントリー天然水、中硬水/Vittele、発泡水/ペリエが代表的です。
この4種類を飲み比べてみると、味の違いや口当たりの違いがよくわかります。

ミネラルウォーターは、水源や加工・処理方法で種類を分けることもあります。
ナチュラルウォーターは、特定の水源から汲み上げる地下水のことで、加熱殺菌など最低限の処理だけを施し、天然の状態に近い水のことです。
ナチュラルウォーターのなかでも、地中から溶け出したミネラルを含むものを、ナチュラルミネラルウォーターとしています。
同じ地下水でもミネラルを加えたり、オゾン殺菌など様々な処理を施したものを、ミネラルウォーターといいます。
地下水以外の水源の水に様々な処理を加えたものは、ボトルドウォーターとしています。

このようにミネラルウォーターにもいくつかの種類があって、それぞれに特徴があるので自分で納得できるものを選びましょう。
また炭酸水の効果についてもご覧ください。