お薦め

中硬水の特長

ミネラルウォーターの種類といえば、軟水と硬水があります。
種類を決めるのは硬度といって、水の中に含まれるカルシウム&マグネシウムの量によって分類されます。
1リットルあたりの硬度が、1mg~100mg以下の場合を軟水としています。
日本の水の大半は軟水と言われる種類の水です。

一方海外ではミネラル(マグネシウムやカルシウムも含む)が豊富な、硬水が好まれています。
硬度は軟水よりもかなり高めで、1リットルあたり300mg以上のものを硬水としています。
口当たりは軟水に比べるとかなり尖ったような感じがしますが、ミネラル補給ができることからダイエットやスポーツ後に飲むためにあえて硬水を選ぶ人もいます。

中硬水はちょうどこの2つの中間になります。
軟水よりはミネラルを多く含みますが、硬水よりは少ないため口当たりも少しまろやかになりますが、硬度は1リットルあたり100mg~300mgとなっています。

本来水は無味無臭ですが、種類の違うミネラルウォーターを飲み比べると味や口当たりの違いがよくわかります。
ミネラルウォーターというくらいですから、水の中に含まれるミネラルがありますが、軟水はミネラルが少ないので口当たりがまろやかです。

日本で販売されているミネラルウォーターは、軟水、硬水、中硬水とそれぞれ種類があります。
中硬水は有名なところで言えば、硬度304mgのエビアンがこれにあたります。
ある程度ミネラルの量もありますので、ミネラル補給にもピッタリですし、硬水に比べると飲みやすいのでコーヒーや紅茶、料理にも向いています。

最近は水を買うときに、ペットボトルで買うよりもウォーターサーバーを取り入れたほうが経済的ということもあって、多くの家庭で取り入れるようになっています。
水の種類を選べるメーカーもあって、赤ちゃん用の粉ミルク、コーヒーやお茶を美味しく飲むために軟水のミネラル分を除去した純粋(ピュアウォーター)も人気があります。