お薦め

失われた水の回収方法

人の体は全体の7割が水でできている、と言われています。
食事をするときや、のどが渇いたときに飲み物を飲むと、しばらくしてトイレに行きたくなります。
これは取りすぎた水分を尿や便で排出するための自然の摂理です。
同じように運動をしたり、寝ているあいだにも汗をかきますが、これも体の中の水分が排出されていることになります。
人は何もせずに息をしているだけでも、代謝をしているので代謝にも水分を必要とします。
つまり、普通に生活をしているだけでも、毎日のように水を摂取し、汗やトイレ、代謝のために水分を排出したり必要としているのです。

水は健康維持や美容にも欠かせないものとしてよく知られていますが、あまり水分を取らない人もいますね。
1日に1リットル~2リットルの水を意識して飲む人と、ほとんど水分を摂らない人とでは健康上でも差が出てきます。
血液の循環にも水を必要としますので、ほとんど水分を摂らない人は血がドロドロになりやすい傾向があります。
もちろん個人差もありますし、食生活なども関係してきますが、生きていく上で欠かせない水分は、意識して摂取することも大切です。

では失われた水の回収方法は、どのような形で行えばいいのでしょうか?
結論から言えば、毎日の食事や飲み物で十分に回収することができます。
食材や料理に含まれる水だけでは、足りない場合もあるので、できれば食事の時にはコップ1杯の水やお茶を飲む習慣をつけておくといいですね。

どのくらいの量を飲めばいいのかですが、これも運動をする人や、力仕事をする人の場合には多めに摂取するのが理想ですね。
目安としては1リットル~2リットルの水分を補給したいところです。
但し一度に全部を飲み干すというのではなく、何回にも分けてこまめに摂取するのがポイントです。
毎食毎にお茶や水を飲む、食事の合間に喉が渇いたら一口か二口の水分を摂取する、これで十分です。

美容のために多めに水を飲む人は、料理や食材にも水分が含まれているので、摂りすぎないように注意しましょう。

こちらの日本の水とミネラルウォーターについての解説ページもオススメサイトですので、ぜひご覧ください。